マレーシアの上場企業建設のビナプリ・ホールディング、スパリゾートコンプレックスを建設

マレーシアの上場企業建設のビナプリ・ホールディング
Bina Puri Holdings Bhd(BINA)では
クアラトレンガヌでMovenpickスパリゾートと呼ばれる
スパリゾートコンプレックスを建設する
およそRM1億2850万リンギの契約を締結したとしています。

2014年度の業績は売上で10億6280万リンギで、
純利益では610万リンギでした。

土木建設、建設、道路建設がメインの事業で5つの部門があり、
建設、不動産開発、レディミックスコンクリート、ポリオール、
発電の事業を展開しています。
建設では高速道路、陸橋、交差点、水道建設などがメインで
不動産開発では商業ビル、教育施設、ホテル、病院、政府機関など
の建設をおこないます。

高速道路のKL-Kuala Selangorエキスプレスウェイ(33Km)などの
運営、またブルネイ、香港、インドネシア、タイランド、ベトナム、
アブダビ、パキスタン、カンボジア、インドなどでの実績もあります。