タイの自動車モーターショー、第36回開催

第36回目となるバンコク・インターナショナルモーターショー
Bangkok International Motor Showが3月26日から
開催されています。
2015年度1月生産台数166,260台。前年同期比2.2%増。
    2月生産台数178,351台。前年同期比2.6%増。
1月販売台数 59,669台。前年同期比12.9%減
2月販売台数 63,945台。前年同期比10.8%減となっています。
1月~2月までで前年比マイナス11.8%減で12万3666台となっています。

しかしながら3月、4月は各自動車メーカーが新規車種、
新規モデルチェンジを次々と登場させるため、台数を増やせると
期待しています。
今回のモーターショーでは、新規・マイナーチェンジに40車種が
登場するとしていて、主催者のGrand Prix Internationalでは
今回のショーで受注台数が増加すると期待しています。

今回のショーでは30の自動車メーカー、9つの二輪車メーカーが参加し、
12日間に渡って展示+販売受注につなげます。
注目の目玉車としてフォードのFord Everest,マツダのMazda2,
スズキのSuzuki Ciaz、三菱Mitsubishi Delica Space Wagonなどが
人気を集めています。