タイのタイスキチェーン最大手のMKレストラン、コミュニティフードモールをOPEN

タイのタイスキチェーン最大手のMKレストラン(M)では3億バーツを
投じてコミュニティフードモールをOPENしました。
名称はロンドンストリート:London Streetでバンコク都内の
パタナカーン通りに建設しました。
同社では月におよそ1000万バーツの収入を得られると
期待しています。

MKレストラン・グループでは5つの外食チェーンを展開していて、
MKスキ、LeSiam、ミヤザキ、ヤヨイ軒、LePeitなどを拡大中です。
また、CEOのRit Thirakomen氏はロンドンストリートは同社の
新しい試みであり、タイ国内での展開のみならず、海外展開の
一歩としています。

同地区は1.8ライ(2,880平米)で賃料スペースは2,500平米となります。
1日平均1,000名の顧客来店を予想していて、1名当たり450~500バーツの
消費を見込めると計画しています。
このプロジェクトが成功すれば、第2プロジェクトとしてラムイントラ通り
での展開も計画しています。

2014年度の業績は売上で151億450万バーツでした。
純利益では20億4200万バーツでした。