タイ証券取引所に上場したエスキャン・インター社の企業解説

2015年2月にタイ証券取引所(SET)に上場したエスキャン・インター社
Scan Inter(SCN)は天然ガス運搬、CNG関連事業、自動車関連事業などを
展開しています。
長期契約として35,000~50,000トンのCo2購入契約をPraxair Incと
交わしています。
同社はタイ国営石油PTT社とも契約しています。

SCN社では今後10月までに2億バーツ以上の売上を生み出すとしています。
2015年度の売上は前年比20%増で25億バーツを目指します。
売上の大半はCNG配送、CNG販売を占めます。
今後、製造業向けにガス供給事業の割合も増加する計画です。

製造業ではキンバリークラーク社やシンハーコーポレーションなどを
クライアントとしています。
ガス燃料を使用することでエネルギーコストを-10%まで削減出来ると
しています。

同社の2014年度の業績は売上で21億1200万バーツ、
純利益では2億4900万バーツでした。