タイのオンライン仲介販売カイディードットコムのリサーチ結果

15年3月時点でタイ国内では120億バーツの未使用の商品などが
インターネット上で販売される状態であるとオンライン販売大手の
カイディードットコムで同社リサーチで発表しています。
500世帯の調査で300世帯バンコク、200世帯はコンケーンで調査で
カイディードットコムKaidee.com社、
TNSリサーチ・インターナショナル社が調査しました。

回答者の66%は家電製品は売りやすいとして53%が未使用の衣類、
29%が乗り物、自動車などを挙げています。
自動車装備品、家電製品、バイク、衣類、お守り品がベスト5になります。

タイの中古品のC2C市場はまだ始まったばかりの時期であるとし、
家庭の不用品として家庭に保存しておくのではなく、オンラインで
販売する方法を学んでいく時期になったとしています。

モバイル・携帯電話のインターネット接続割合が増えることで
同市場の拡大が見込めるとしています。
カイディードットコムは旧OLX.co.thがリブランドしたサイトです。