1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドネシアの上場企業でガス精製企業のスリヤ・エサ・ペルカサ、LPG価格の下落の中でも収益上げる

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシア

インドネシアの上場企業でガス精製企業のスリヤ・エサ・ペルカサ、LPG価格の下落の中でも収益上げる

インドネシアの上場企業でガス精製企業のスリヤ・エサ・ペルカサ
Surya Esa Perkasa(ESSA)では南スマトラのパレンバン地区での
最新工場の生産能力拡大で、LPG価格の下落の中でも収益を出したと
しています。
2014年度の業績は売上で3993万USドルで、
純利益では1079万USドルでした。

同社は液化天然ガスの精製、生産などを手掛けていて、
インドネシアで家庭向け調理ガス、商業施設向け、ホテル向け、
自動車向け燃料などを提供しています。
2006年にジャカルタを本社としています。

同社はLPGを19,000トン、コンデンセートが49,000バレルを
第1四半期で生産しています。
第1四半期では売上で1080万USドルで、
純利益では270万USドルでした。

世界の原油価格の下落によってLPGの価格も影響を
受けました。
14年第1四半期では880ドル/立方トンだった価格が15年
第1四半期では420ドル/立方トンまで下がりました。
しかし、原油価格が回復してきていて、今後の四半期で目標に
到達する可能性が高いとしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事