インドネシア セメングレシク(SMGR)

インドネシア最大のセメント生産企業であるSemen Gresik
セメングレシク(SMGR)では社名変更を計画しています。
新しい社名はPT Semen IndonesiaPTセメン・インドネシア社で
セメント国営No1企業を表現するとしています。2012年12月20日取締役会を
持って変更します。
セメングレシク・グループでは子会社
PT Semen Padang  PT Semen Tonasaの2社を抱えています。

インドネシアセメント業界は
2位 PT Indocement Tunggal Perkasa(INTP)インドセメントトュンガル
3位 PT Holcim Indonesia(SMCB)ホルシムインドネシア
となっています。

SMGRの代表 Dwi Soetjipto氏は社名は変更するものの、販売するブランド
Semen Gresik, Semen Padang Semen Tonasaなどは変更しないとしています。
今後はインドネシア国内のセメント生産量を増やすと共に
ミャンマーへの進出を目指すとしています。
またベトナムの企業Thang Long Cementの株式70%を取得。

セメングレシクでは2300万トンの生産量を目指します。
また実績では2012年1月~9月で1596万トンでした。