インドネシア上場の繊維メーカースリテックスはさらに5か国に輸出へ

インドネシア上場の繊維メーカースリテックスはさらに5か国へ輸出を
目指す予定です。
正式名称スリ・レジェキ・イスマンSri Rejeki Isman(SRLI)では
15年度売上を前年比10%増を目指します。
2014年度の業績は売上で5億5460万USドルで、
純利益では5050万USドルでした。

代表取締役Iwan Setiawan Lukminto氏はコソボとの取引を開始すると
発表しています。
第1四半期に軍事ユニフォームの発注を受けています。
カンボジアでは10万着の軍事ユニフォームの受注を受ける見通しです。
今後アフリカやオーストラリアも候補としています。
パプアニューギニア、東ティモール、アジア近隣諸国を含め、UAE、
カタールなどの中東、アジアの約30カ国に48%を輸出します。
ヨーロッパのドイツ、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、米国、
アフリカなどへも輸出しています。

2015年度は拡大する売上目標は7~10%で5億9400万~6億1100万ドルを
目指します。
純利益では4900万~5200万USドルを目指します。

2015年度はおよそ1億ドルを投資し、中央ジャワでの工場の生産能力を
月産1000万ヤードから月産2000万ヤードへ増加させます。

スリテックス社は1966年設立で現在9紡績工場、3製織工場、
3仕上げ設備を、中部ジャワの6つの衣服工場を運営しています。
同社の製品は、外国ブランドのアパレルブランドを含め
世界30カ国以上へ輸出されています。

また、中国のShengrun Textile、ファッション大手スウェーデンのH&M、
アメリカMacy、日本のイトーヨーカドーなどへ卸されます。