タイの農業企業のアジアティック・アグロインダストリー、新工場を建設

タイの農業企業のアジアティック・アグロインダストリー
Asiatic Agro Industryが8億バーツを掛けて新工場を建設し、
ココナッツ100%飲料ブランド”Cocomax”を増産します。
国内向けと海外向け双方の生産量を増価させる計画です。

代表取締役のNuttapon Visuthikraisee氏は同社がココナッツ関連の
トップ3メーカーであり、農産物加工事業への注力とココナッツ事業へ
フォーカスしていくとしています。

ココナッツミルクが非常に健康志向の消費者にマッチし、
サムットソンクラー県の15ライの土地、24000平米に新工場を建設します。

同社のココナッツ飲料は国際基準を通していて、アジアとヨーロッパ向けに
販売をしています。
シンガポール、日本などには特に市場シェアが高いとしています。
年産7200万本を生産し、2016年度以降は新商品を含めて
バリエーションを増やす計画です。

同社はCocomaxブランド以外に、ココナッツ成分を配合した
“Ampawa”ブランド、ココナッツミルクを含む”Milky Coco”なども
販売しています。

2015年度の売上予測は21億バーツ、前年比+15%増、90%は輸出向け、
10%が国内向けです。