インドネシアの石油、天然ガス開発のエナジーメガペルサダ子会社が6000万ドルの融資契約

石油、天然ガス開発のエナジーメガペルサダ(ENRG)社は
子会社のMP Bentu社が6000万ドルの融資契約を結んだと
発表しています。
同資金は海外金融機関より調達し債務借り換えに使用されます。
利子の削減と、長期的な金融調達の優位性を加味して決定したと
しています。

エナジーメガ・ペルサダEnergi Mega Persada(ENRG)社は
インドネシアの石油・天然ガスを開発していて、国内のみならず
海外展開を進めています。

2014年度の通年の業績では売上9兆3800億ルピア、
純利益では6000億ルピアでした。
ドルベースでは8億1100万USドル、純利益3700万USドルと
なっています。

同社は2013年現在インドネシア国内で11の石油、ガス、
石炭層メタンの権益を保有しています。
また、モザンビークでの石油·ガスブロック権益を購入しています。