世界のPET樹脂大手インドラマ・ベンチャーズ、アラバマ地区の工場を買収

世界のPET樹脂大手インドラマ・ベンチャーズIndorama Ventures
(IVL)がBP Chemical社のアラバマ地区にあるパラキシレン、
PTA生産工場年産180万トンを買収すると発表しています。
CEOであるAloke Lohia氏は2015年度は変化の年であったとし、
年度半ばの目標としてEBITDAは2ケタの数字を目指すとしています。
今後、コア事業としてPET樹脂、供給原料、高付加価値事業を進めます。

同社はインドの投資家がタイで展開した企業で、
旧社名はインドラマポリマーIndorama Polymers(IRP)、
タイ国内を中心にプラスチック系樹脂の製造を行う企業でした。
現在インド資本で2005年8月にタイ証券取引所に上場しています。
ペットボトルや素材関連の事業を主に行い、世界の同業をM&Aすることで
事業規模を拡大しています。

2015年1月~9月期の業績は売上では1818億9700万バーツ、
純利益では62億200万バーツでした。