タイのチャンネル9を運営する、国営TVのMCOTが有料放送サービスを計画

タイのチャンネル9を運営する国営TVのMCOTが有料放送サービスを
無線ブロードバンド2.6MHzの4G回線を利用して開始する考えを
発表しています。
ビジネスパートナーとしてPlaywork社がタイ放送通信委員会へ
事業計画を提出するとしています。
MCOT社とPlaywork社は15年間の売上シェア契約を結びました。

各携帯事業会社へのアプローチも開始するとしていて、
携帯最大手アドバンスドインフォサービスAdvanced Info Service
(ADVANC)などを候補としています。

MCOT社は、テレビ局チャンネル9やタイ国営通信(TNA)のラジオ放送局
などを運営しており、2004年に民営化計画の下でタクシン元首相の政策で
株式上場しました。

2015年度の1月~9月期の業績は売上で28億6400万バーツ、
純利益では1億2900万バーツでした。