タイのチャロンポカパン・グループのインドネシア法人は独占企業の指摘を受ける

タイの食品財閥チャロンポカパン・グループのインドネシア法人は
インドネシア政府より養鶏事業独占化の可能性があると
指摘されました。

インドネシア事業競争監督庁(KPPU)から指摘を受けて
同社では一部の自社株を他社に売却するか、その他の手段を検討します。

インドネシア証券取引所(IDX)上場の養鶏事業は
チャロン・ポカパン・インドネシア(CPIN)とJapfa Comfeed
ジャプファ・コンフィード(JPFA)でインドネシアの養鶏市場が
占められています。

Charoen Pokphand Indonesiaチャロンポカパン・インドネシア
(CPIN)はインドネシアで養鶏・畜産事業を展開していて、
2014年度の業績は売上29兆1500億ルピア、
純利益が1兆7460億ルピアでした。

Japfa Comfeed Indonesiaジャプファ・コンフィード・インドネシア
(JPFA)は養鶏・畜産事業を展開していて、大株主Malvolia Pteが
58.3%を保有しています。
2014年度の業績は売上24兆4580億ルピア、純利益3320億ルピアでした。

(インドネシアで独占的企業として以下の12社が公表されました)
PT Japfa Comfeed Indonesia、PT Malindo Feedmil Indonesia、
PT Charoen Pokphand Jaya Farm Indonesia、
PT Satwa Borneo, PT Wonokoyo Jaya Corp、PT CJ-PIA、
PT Taat Indah Bersinar、PT Cibadak Indah Sari Farm、
CV Missouri、PT Ekspravet Nasuba、PT Reza Perkasa、
PT Hybro Indonesia