タイの乳飲料大手、FrieslandCampina (Thailand)社、5年以内に180億バーツの売上を目指す

乳飲料を製造するFrieslandCampina(Thailand)社が
2020年に向けての戦略として、工場設備の改善などで
50億バーツを投資し、5年以内に180億バーツの売上を
目指します。

同社はタイ国内においてパック入り飲料乳製品ナンバー1
メーカーで、市場シェア32%、金額64億バーツを占めており、
2020年度までにこの市場シェアを50%まで目指すとしています。

AC Nielsen社によればタイ国内パック入り乳飲料200億バーツ
市場の中で
2位 Thai Denmark 24%
3位 AB Foods   10%
4位 F&N      7% 
同順位 Dutchmill 7% という割合になっています。

同社はUHTミルク飲料市場でも高い市場シェアを誇っています。
飲料事業以外にも乳製品原材料などをカフェやレストランへ
供給しています。
2015年度の業績は売上およそ150億バーツでした。
16年度は160億バーツを目指します。