タイの銀行セクターの業績

タイ証券取引所に上場しているタイの金融機関11行の業績が発表されています。
純利益合計で1631億バーツになっています。
大手4銀行(バンコク銀行、クルンタイ銀行、サイアム商業銀行、カシコーン銀行)
の中で純利益がもっとも高かったのはSCBでした。

 

バンコク銀行(BBL)総資産 2兆4188億バーツ(7兆円規模)前年比+14.8% 増
純利益 330億バーツ(1000億円規模) 前年比+19.7% 増

 
クルンタイ銀行(KTB) 総資産 2兆2537億バーツ(6.7兆円規模)前年比+ 14.6%増
純利益 235億バーツ(700億円規模)前年比+38.4% 増

 
サイアム商業銀行(SCB)総資産 2兆2698億バーツ(6.7兆円規模)前年比+ 22.8%増
純利益 405億バーツ(1200億円規模) 前年比+ 11.5%増

 
カシコーン銀行(KBANK) 総資産  2兆774億バーツ(6.2兆円規模)前年比 +3.5%増
純利益 378億バーツ(1100億円規模)+44.5% 増

サイアム商業銀行は王室系の金融機関で2011年に生命保険会社を
完全子会社化、積極的なリテール戦略によって純利益を大幅に上げています。
2012年度は資産規模でクルンタイ銀行を抜いて、業界2位になっています。