1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. サプリメント販売・ディストリビューターのタイ・ジンタン社が化粧品事業進出

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

サプリメント販売・ディストリビューターのタイ・ジンタン社が化粧品事業進出

サプリメント販売・ディストリビューターであるタイ・ジンタン
Thai Jintan(未上場)では食品サプリメント、化粧品へ
事業拡大を目指すと発表しています。
同社はこれまで森下仁丹ブランドの商品、口内清涼剤を
販売して来ました。

代表取締役Narit Vittayavarakorn氏は2016年度の売上規模を
2億バーツと予想。
16年内に歯磨き粉”Jintan Nudeliquid toothpaste”を投入します。
今後特にオーラルケア部門、ヘルスケア部門、スキンケア部門、
パーソナルケア部門での商品拡販を目指します。

タイには様々な口内清涼剤が販売されていて、その中でもタイの
大手製薬・飲料メーカーのOsotspa Co.,Ltdが生産する
“Botanボタン”は主成分にミントとチャオムと呼ばれる野菜が
配合されています。

また、腸機能改善に向けたサプリメント”Jintan Bifina probiotic”
や乳幼児向けサプリメントの”Baby D vitamins”も今後タイへ
投入する計画です。
同社の把握するサプリメント市場はおよそ490億バーツあるとしていて、
その中でも微生物を利用した”プロバイオティクス”系市場は100億バーツ
とされています。

タイ国内販売では流通に強いSino-Pacific Trading (Thailand)社と契約。
菓子類系に強い同社と組むことでキャンディー市場へも広げていきます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事