マレーシアの不動産大手、サンウェイ・グループ傘下のホテル、改修

マレーシアの不動産大手サンウェイ・グループの子会社、
サンウェイホテル&リゾ、ートは、1億2500万リンギを掛けて
改修を行いました。
2016年11月に再開業予定となっています。

16年4月に改修のため閉鎖し2017年1月に再開業予定でしたが、
スケジュールが早まったとしています。
改修前は549部屋でしたが、21部屋をファミリータイプとして
追加改修しています。

Sunway Hotels & Resorts社はマレーシア、カンボジア、
ベトナムで11のホテルを展開する大手で3,300室以上を
管理しています。
同社はSunway Berhadの傘下でホテル、長期滞在ヴィラなどを
開発・管理しています。

サンウェイ・グループ社はマレーシアを代表する巨大企業グループで
サンウェイシティSunway City Berhad(SunCity)社と
サンウェイ・ホールディングスSunway Holdings Berhadが2011年に
合併しました。
不動産開発、商業不動産、住宅不動産、ホテル、レジャー、ヘルスケア、
大学運営などを手掛けています。

サンウェイ(SUNWAY)社の2015年度業績は売上44億リンギ、
純利益7億3245万リンギでした。