マスターカード調査、イスラム教徒による評価が高い観光国ランキング

クレジットカード大手のマスターカードでは、
イスラム教徒に評価が高い観光国を指数化した
Global Muslim Travel Index(GMTI)2016を
発表しています。

同指数は100カ国・地域を対象に、ホテルやショッピングモール
など公共施設における礼拝場所への交通利便性や、
イスラム法にのっとったハラル対応レストランの準備状況など、
ムスリムが旅行を楽しむための項目を調査して指数化し順位付け
しています。

その中で1位はマレーシアが選定されています。
2位はUAEでした。
マレーシアは礼拝場所への交通と、空港施設とサービスの項目が
満点の100点だったのをはじめ、レストランの準備状況でも90点と
高得点を獲得。
総合では83点となり、第2位のトルコ(73点)、第3位のアラブ首長国
連邦(72点)と引き離しました。
タイは20位(非イスラム教徒国のランキングでは第2位)でした。

総合ランキング・トップ10(2016年)
1:マレーシア ASEAN
2:アラブ首長国連邦
3:トルコ
4:インドネシア ASEAN
5:カタール
6:サウジアラビア
7:オマーン
8:シンガポール(非イスラム国 ASEAN)
9:モロッコ
10:ヨルダン
20:タイ(非イスラム国 ASEAN)