タイ 中央金利の影響

タイの中央銀行Bank of Thailand(BOT)ではヨーロッパ中央銀行
European Central Bank(ECB)の政策金利の引き下げで金融緩和政策を実施した
ことによる影響は大きくないと予測していて、新興国に関して(タイを含む)
最小限の影響のみで終わるとしています。

タイの中央金利は2014年5月時点現在+2.00%ですが、今後の金利調整にはさほど
影響しないと見ています。

タイ証券取引所ではクーデター後は、予算執行、衝突緩和の予測から上昇を
続けています。
19日 SET総合指数1,410.63ポイント  プラス+0.38%
20日 SET総合指数1,394.69ポイント  マイナス-1.13%
21日 SET総合指数1,402.92ポイント  プラス+0.59%
22日 SET総合指数1,405.21ポイント  プラス+0.16%
23日 SET総合指数1,396.84ポイント  マイナス-0.60%