タイ マレーシア CIMBグループ

マレーシアの金融事業2位のCIMBグループではタイにある証券グループのSicco セキュリティ社(SSEC)を
サイアムコマーシャル銀行(SCB)から総額で7億6790万バーツで購入する計画を発表しています。

CIMB銀行グループの傘下でCIMBセキュリティインターナショナルがSicco Securities (SSEC)社の株式70%を
債券処理事業をしているサイアムインダストリアルクレジット Siam Industrial Credit社(SICCO)から
購入するとしています。
CIMBグループはテンダーオファーを後ほど発表するとしています。

タイ証券取引所に上場している
Siam Industrial Credit (SICCO)前日5.7バーツと
Sicco Securities(SSEC)前日1.55バーツでは両社共に売買一定取引中断となっております。

SSEC社はタイの証券ライセンスを持つ中堅の証券会社で13の支店と269名のスタッフを抱えています。
4000件の口座を持ち、90%が取引フィーの収益でした。
CIMBタイ銀行(CIMBT)では2009年度にマレーシアの金融2位のCIMBグループが
当時のバンクタイ(BT)を完全子会社化して買収しました。

今回の買収目的はタイにおける証券事業の強化で2011年度は
38証券会社中16番目の規模で、およそ3%しかない取引額を
2,3年内にタイで証券大手にまで成長させ、
Dato’ Charon Wardini Mokhzani, CIMBインベストバンクCEOが発表しています。