大手コンサルティング会社、PwCによるタイ国内メディア市場予測【タイ:ゲーム・メディア】

大手コンサルティング会社、PwCによると、タイ国内の
エンターテイメント&メディア(E&M)支出は年間平均5.9%増で
成長し続け、2021年までに130億USドル規模となる見通しです。

その中でも急成長する分野として、タイ国内インターネット
広告総支出が2021年までに7億2500万USドルになると
予想しています。

家庭向け固定回線ブロードバンドやモバイルインターネット
回線の普及が進み、ECプラットフォームやSNSなども成長すると
分析しています。

2017年時点でタイのFacebook加入数は3700万人を
突破しています。
若い世代はオンラインゲーム市場に流入していき、
スマートフォンゲームが普及・成長し続けています。

また、ビデオゲーム市場規模成長率が2番目に伸びており、
2021年までに17億USドルになる見通しです。

タイのゲーム系上場企業はアジアソフトAsiasoft Corporation
(AS)社があります。
2017年業績は売上8億5100万バーツ、純利益1200万バーツでした。
同社は元々サーバー内オンラインゲームの企業でしたが、
スマートフォンの普及によりスマートフォンゲーム市場に
脅かされてきました。

2018年4月、Asiasof(AS)の子会社であるSkynet Systemsは、
SuperTraderスーパートレーダーとの覚書(MOU)を締結し、
6月にはプロのオンライントレーダー向けにAI機能で作動する
SuperTraderを提供することを発表しています。

同システムはタイで初めての完全AI機能ソーシャルプラットフォーム
であるとしています。
今回の取り組みは、アジアソフトAsiasoft(AS)の新しいビジネスを
フィンテック業界に拡張したものであるとしています。