タイ国内の中間層増加により中小企業設立数も伸びて行く予想

タイ国内の中間層増加を受けて中小企業設立数も伸びています。
タイの商務省が発表した2016年度の新規会社数予測は60,000~
65,000社で、2017年度も同数規模の設立になる見通しです。
新規設立のプロセスがよりスムーズになることも追い風になると
しています。

タイ商務省傘下のBusiness Development departmentビジネス
開発局(DBD)では付加価値税7%維持の発表、観光事業の増加、
法人税減免などで、新規に会社設立する流れが増えていくだろうと
しています。

2015年度はゴールドショップ(金取引店舗)、医薬品薬局などの
登録が必要となり、会社設立数が増加としています。
2016年1月~10月までの新規企業登録数は3%増で54,079企業が
登記されています。
合計登録資本金は1985億バーツとなっています。
しかし2016年10月は自粛モードが影響したこともあり、
10月単月5,092社数と前年同期比―3%になりました。