タイの調味料市場大手企業、エキゾチックフード社とタイテパロット社に関して

タイ料理調味料メーカーのエキゾチック・フードEXOTIC FOOD
(XO)社は、2016年第4四半期に東部ラヨーン県にて調味料生産工場の
稼働を進めると発表しています。
同社の新工場はアマタシティー工業団地内で投資額は3億8,000万バーツに
なります。

同社はタイの調味料、チリソース、健康飲料、調理済み食品などを
生産しています。
2015年売上高は前年比+1%増の7億4700万バーツ、
純利益は8500万バーツでした。

タイの調味料市場で他に上場しているのは、タイテパロット
ThaiTheparos PLC(SAUCE)です。
同社はWINYARAT財閥・ファミリーが1954年に設立した企業で、
タイのソースブランド”ゴールデン・マウンテン・ソース
Golden Mountain Sauce”、0チリソースブランド”Sriraja Panich”、
日本風醤油“Kinzan Shoyu”ブランドを開発。
1995年にタイ証券取引所(SET)上場を果たしました。
タイ国内売上が92%、海外向け売上が8%と、まだ国内市場での売上が
かなり高い企業です。

非上場企業ではHI-Qプロダクト社、C.P.コンシューマープロダクツ社、
ヤン・ワイ・ユン社、スリー・インターフーズ社、
ピブーンチャイ・メプラノン・タイチリペースト社、
ウィン・チャンス・インダストリー社、ピチャイ・フィッシュ・ソース社
などが大手となっています。