タイの政治

2010年まで頻繁に報道されていたタイとカンボジアの国境紛争ですがタイの
国防省では軍首脳とともにカンボジアの首都プノンペンへ訪問。
現在の国境未確定地帯からタイ軍とカンボジア軍の双方が同時撤退することで
合意しました。

国際司法裁判所が即時撤退を求めていてこの会合で同時撤退へ向けた
ワーキンググループを2カ国で設置することも合意されています。
撤退に関しては2011年度アセアン議長国のインドネシアの監視も付けるとしています。

2011年度は2月と4月に両国国軍が世界遺産プレアビヒア付近で衝突しています。

その後2011年7月に総選挙がおこなわれ、タクシン政権へ変わったことで一気に
両国の関係が改善されていました。

インラック首相も就任後すぐにカンボジアを表敬訪問しており、今後両国の関係改善
が期待されています。