タイにおけるデジタルコンテンツ市場は2016年度136億バーツまで伸びる予測

タイにおけるデジタルコンテンツ市場は2016年度136億バーツまで伸びる
と予想されています。
2015年度の124億バーツから+10%の伸びになります。
タイのソフトウェア産業振興局Software Industry Promotion 
Agency(SIPA)では、その内訳でゲーム・ソフトウェアで97億バーツ、
アニメーション分野で39億バーツと分析しています。
各分野はそれぞれ前年比+9.5%、2.8%で伸びています。

スマートフォンやデジタルデバイスの普及により、さらに同市場は
伸びると期待されていて、タイのクリエイター育成やベンチャー
企業育成も急務となっています。

SIPAではタイ投資委員会に対し、タイ国内地場ソフトウェア開発企業へ
より恩典を与えるべきと考えていて、国際的な知的財産登録、
タイのビジネス基盤の一つへ育てて行きたい意向を示しています。
2015年度市場124億バーツの中身は50%以上が海外からのコンテンツ輸入
が占めているのが現状です。