タイ軍事政権は外国人富裕層向けに10年間のビザ発給

タイ軍事政府では外国人富裕層向けに10年間のビザを発給することを
11月の閣議で決定しています。
対象となるのは50歳以上で一定以上の所得を得る外国人となります。
90日間の申告レポートは変わらず必要となります。
これまでは1年間のリタイヤメント層向けビザがあり、
80万バーツの預金証明書などが必要でした。

またエリートカードと呼ばれる20歳以上から適用される
富裕層向けビザカードなどもありました。
エリートカードに関しては正規会員から簡易会員まであり、
基本的には価格:200万バーツ 年会費:2万バーツ 
カード再発行費:4千バーツ
会員期限:20年(但し5年ごと更新)と設定されていました。

今回の外国人富裕層向け10年ビザに関しては申請料10,000バーツ、
申請条件は月10万バーツ以上の収入があるか、または発給後最低
1年継続して300万バーツの金額残高を維持することが求められます。

新しい発給対象国はオーストラリア、カナダ、中国、イギリス、
フランス、ドイツ、インド、日本、ノルウェー、スウェーデン、
スイス、アメリカなど15カ国になります。