タイの衣料系小売、プラチナム・ファッションモールは東南アジアで卸業を目指す

タイの上場企業で衣料系小売店舗を展開するプラチナム・
ファッションモール(PLAT)は同社が扱うファッション製品を
東南アジア市場に展開する店舗を強化し、数年後には卸業での
ファッションハブになることを目指します。

衣料デザイン、製造系の中小企業支援を目指し、
同社はそのハブになることを2017年までの目標としています。
The Platinum Groupの代表のChanchai Phansopha氏は
同社の掲げる”Empowering SMEs”プロジェクトで、
中小企業がファッショングッズの制作、デザイン学習、
マーケティング学習など、他国の需要を満たすための学習を
行うことが可能としています。
既に20店舗が同社のプロジェクトに参画しています。

2016年1月~9月期の同社業績は売上13億8000万バーツ、
7%増、純利益では14%増、5億2300万バーツでした。
第3四半期も売上は伸びていて、背景には旗艦店舗、
latinum Fashion Mallでの賃料の値上げがありました。 
ホテル事業からの収益も利用率が上がったことで5%伸び、
貢献しています。

2016年12月よりペチャブリー通りで”Talad Neon-Downtown
Night Market”が開業されます。
10ライの土地に5600平米のレンタルスペース、900店舗が
出店予定で、200台受け入れ可能な駐車場を併設します。