タイのプラサトーング=オーソット財閥の娘の企業がワン・チャンネル株式50%を取得

民間最大手のバンコク総合病院(BDMS)、ブティックエアラインの
バンコクエアウェイズ(BA)を展開するPrasarttong-Osoth財閥では、
GMMグラミー系デジタルチャンネル放送のワン・チャンネルの株式
50%を取得すると発表しています。
金額は19億バーツとなります。

PRANANPORN Co.,Ltd.社はプラサトーング=オーソット財閥の娘、
Poramaporn Prasarttong-Osoth氏が経営する企業で、
同社が19億バーツで50%以上の株式を取得します。
今回の買収で同グループは2つ目のデジタルチャンネルを取得しました。
高画質のデジタル番組は既に有料放送Bangkok Media and Broadcasting
(BMB)社が2013年に事業開始し放映中です。

GMMグラミー社(GRAMMY)はタイの芸能・音楽大手企業です。
2016年度の1月~9月期の売上59億1100万バーツ、
純利益-2億6300万バーツとなっています。
同社は既にタイ証券取引所(SET)へ報告済みです。

また同社はOne Enterprise社の株式の増資を計画しています。
増資分19億バーツがそのままPRANANPORN Co.,Ltd.社で引き受ける
予定です。
総資本金は38億バーツまで増加します。
One Enterprise社の株式構成は、GMM社:25.5%、Takonkietグループ:
24.5%、残りはプラサトーング=オーソット財閥となります。