1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの主な養鶏、畜産、水産系企業

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシア

マレーシアの主な養鶏、畜産、水産系企業

マレーシアでは、以下のような養鶏、畜産、水産系企業が
上場しています。

・QLリソーシズ QL Resources(QL)(7084)
農業・食品大手企業のQLリソーシズの事業は大きく3分野に
分かれています。
水産加工物、パーム油・バイオマス事業、鶏卵・飼料です。
生産された食品加工品はアジア、ヨーロッパ、北アメリカなどへ
輸出しています。
展開国はマレーシア、インドネシア、ベトナム、中国、
シンガポールです。
2017年度業績は売上30億1200万リンギ、
純利益1億9592万リンギでした。

・フワットライリソーシス Huat Lai Resources
(HUATLAI→非上場化)
マレーシアの鶏卵・養鶏、肥料に関する大手企業です。
2016年10月に創業財閥のLim familyが74%を所有していた残り
株式を取得すると発表し非上場化しました。

・CABチャカランコーポレーション CAB Cakaran Corporation
(CAB)(7174)
マレーシアの鶏卵・食品生産の大手企業です。
農業、養鶏、食品加工、水産物、ファーストフード事業、
スーパーマーケット事業などがあります。
2016年度業績は売上23%増11億11万リンギ、純利益62%増
2600万リンギと好調でした。

・レイホンフード Lay Hong Food(LAYHONG)(9385)
マレーシアの養鶏・鶏肉加工大手企業です。
畜産ブランドNutriplusを展開し、スーパーマーケット事業では
G-Martブランドで20店舗以上を展開しています。
子会社にはHing Hong社、Evergreen Organic Fertilisers社、
G-mart Borneo Retail社、Lay Hong Liquid Egg社などがあります。
2017年度業績は売上前年比4%増、6億7600万リンギ、
純利益前年比+569%増、1826万リンギでした。
2016年には日本ハムがレイホン社と資本業務提携をすると
発表しました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事