1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイ国内スターバックス店舗数は2017年11月時点で314店舗

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイ国内スターバックス店舗数は2017年11月時点で314店舗

タイには数多くのカフェチェーンが進出しています。
タイ消費者の行動変化に対応すべく、アメリカ大手コーヒー
チェーンのStarbucksスターバックスでは商業モール、
オフィスビル、病院、地下鉄などに次々と店舗をオープン
してきました。

2017年11月末時点で314店舗をタイ国内で展開しています。
2017年は40店舗を開業し、2016年度の35店舗から増加しています。
同社は2018年でタイ進出20周年を迎えます。

同社はPhetchaburi駅に地下鉄駅内では初となるMRT店舗を
オープンし、もう1店舗をスクンビット駅に開店する予定です。
地下鉄駅店舗が成功すれば、今後も多く出店していくとしています。

2018年は少なくとも40店舗をバンコクでオープンする計画です。
同社が今後ターゲットとしているのはタイ全国の病院です。
タイ全土314店舗のうち、バンコク病院、サミティベート病院、
バムルンラード病院など15店舗を病院内で運営しています。
今後の出店計画ではさらに5店舗を病院内で開設する予定です。

スターバックス・タイランドでは最高のコーヒー・店舗雰囲気・
パートナーとともに最高の顧客サービス提供を目指しています。
同社は2018年の20周年に向けて430平米の大型旗艦店舗開業も
発表しています。
場所はサイアムスクエアエリア、BTSサイアム駅前商業施設の
サイアムスクエアワンで、タイ国内321店舗目となる予定です。
同店舗は特別な経験を求めるティーンエイジャーに焦点を
当てています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事