タイの商業施設大手、サイアムピワットは新コンセプト小売スペース、Ecotopiaを開業

タイの商業施設大手、サイアムピワット・グループ(未上場)
ではタイ国内消費者のライフスタイル多様化に対応し、
小売事業者としての地位強化と魅力的な商品提案のため、
健康・環境に配慮した製品を集めた小売スペース、
エコトピアを正式オープンしました。

同スペースはバンコク中心部サイアムディスカバリーセンター
の4階にEcotopiaゾーンとして設置され、健康・環境に
配慮した5,000以上のアイテムを陳列・販売します。
まずは約100のブランドから選ばれた商品を並べ、
消費者へPRしていく計画です。

同スペースは5つのカテゴリー、エコ・フード、
エコ・ファッション、エコ・ビューティー、
エコ・ホーム&デコレーション、エコ・ガジェット&文具と
分類されています。
同社では今回の企画に相当の力を入れていき、イノベーティブな
ライフスタイルの象徴を目指すとしています。

同社のビジョンでは、日常的な製品、トレンド製品、
革新的な製品とサービス、エシカルな製品、コラボレーション製品
などで多くの有名ブランド展開を目指します。
他のパートナーやサプライヤーと協力し新しいビジネスチャンスを
開拓し、この小売コンセプトを他の場所で立ち上げるために
事業拡大する可能性もあります。

2018年度、Ecotopia内での売上目標は1億バーツとしており、
年間を通してオフラインとオンラインでマーケティング
キャンペーンを展開するする予定です。