1. HOME
  2. ブログ
  3. シンガポール
  4. シンガポール上場企業、シンガポール航空、企業解説

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

シンガポール上場企業、シンガポール航空、企業解説

シンガポール証券取引所上場のシンガポール航空
Singapore Airlines(SIA)では、
グローバルなライバル企業との競争を維持するため
デジタル技術に数億ドルを投資すると発表しました。
世界中の航空会社は航空券販売のデータ収集による
財務的便益を活用しようとしています。

同社のGoh Choon Phong最高経営責任者(CEO)は、
新規投資はシンガポールの4つの研究機関と提携するとし、
売上増、保守費用コスト削減、飛行スケジュール遅延を
減らすことを目標としています。

同社では香港を拠点とするキャセイパシフィック航空や
自国内の路線を持たない航空会社、高級路線を攻める
中東の航空会社などをライバルと想定しています。
世界の航空市場競争は激しさを増しており、
ライバル企業よりも先に進むため自社内の投資を積極的に
進めていく考えです。
しかし、既に始まっている投資計画の詳細な数字や正確な
タイムラインは公表されませんでした。

同社がこれまでに発表したその他の取り組みは、
3年間の変革プログラムの一環としてエアバスSE A380に
座席数を増やすこと、いくつかのルートをローコストキャリア
(LCC)であるスクート社へシフトし、航空会社の財務チームを
統合するなどの収益化プログラムを進めてきました。

また同社はシンガポール国立大学(NUS)や
シンガポール科学技術研究機関(A*STAR)と協力し、
自動化技術研究に投資します。
航空チケットを購入する顧客の需要パターンをよりよく
理解するために収益管理などのビジネス課題に取り組みます。
同社の2017年(17年3月末決算)業績は売上148億6800万Sドル、
純利益3億6000万Sドルでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事