シンガポールのアスコット社によるタイのシラチャ開発

Ascott Ltd社が開発するシタディーン・グランドセントラル・シラチャ
Citadines Grand Central Sri Rachaサービスアパートメントは
2015年1月開業しました。
シラチャ中心部、ロビンソン百貨店に近い場所に位置していて、
顧客ターゲットはビジネスマンと観光旅行者を狙うとしています。

136の高級感ある部屋を準備し、短期から長期までスタジオ、1ベッド
2ベッドタイプまで様々なタイプを用意。
ジム、サウナ、プールを準備します。

アスコット・グループは9つの宿泊施設をバンコク都内で展開していて、
Ascott Sathorn, Citadines Sukhumvit8, Citadines Sukhumvit11,
Citadines, Sukhumvit16, Citadines Sukhumvit23,
Somerset Lake Point, Somerset Park Suanplu,
Somerset Sukhumvit Thonglor Vic3を展開しています。

シンガポール証券取引所(SGX)にはアスコット・レジデンストラスト
Ascott Residence Trustとして上場をしていて、売上で3億5720万Sドル
純利益では1億2250億Sドルになっています。
同トラストは世界のサービスアパートメント、住居不動産の
証券化をしたもので13の国の地域での物件が対象になります。