タイのセントラルグループ傘下、センタラ・ホテル&リゾートの最新開発案件、チョンブリ県とシラチャ地区に

セントラルグループ傘下のセンタラ・ホテル&リゾートの最新開発案件は、
チョンブリ県、シラチャ地区になるとしています。
センタラ・ソンリサ・レジデンス・スイート・シラチャ
Centara Sonrisa Residence and Suites Srirachaは
現在開発中で、ファミリーフレンドリーな4つ星クラスを目指します。
同社は2017年度第1四半期開業を目指します。

シラチャを選択したのは、戦略的な方針として旅行ブームの
盛り上がっているパタヤ、都心のバンコクの間にある好立地のためと
しています。
新規ホテルは150室が用意され32平米、レストラン、フィットネス
プール、ビジネスセンター、会議室などが用意されています。

センタラホテル&リゾ-ト社はタイで有数のホテル経営企業で、
48のホテル・宿泊施設を経営しています。
海外では26のリゾート施設を運営しています。

同社はタイ証券取引所(SET)に上場している企業名は
Central Plaza Hotel(CENTEL)で、合わせて外食チェーンも
展開しています。
2014年度の業績は売上で183億2580万バーツで、
純利益では11億8800万バーツでした。