1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの汚職スキャンダル、1MDB問題

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシアの汚職スキャンダル、1MDB問題

1MDB(1Malaysia Development Berhad)は、2008年に
マレーシアで設立されたソブリン・ウエルス・ファンド
(政府が出資する投資ファンド)の略称です。

1MDBファンドではエネルギー・不動産・観光・アグリビジネス
銘柄を保有し、マレーシア国内産業の振興・多角化を建前と
していましたが、運用実態は異なり、巨額の損失を出しました。
2014年までに数10億ドルの債務超過と債務不履行に陥っています。

2015年7月にはウォール・ストリート・ジャーナルが
同ファンドからナジブ・ラザクNajib Razak首相の個人口座へ
およそ7億ドルが振り込まれた公文書記録を報じました。

2016年11月にはこのニュースに憤ったマレーシア国民が
数万人も首都クアラルンプールへ押し寄せ、黄色いシャツを
着てリコールを要求するデモ行進を実施しています。

2018年5月の総選挙の結果を受けて、マレーシア出入国管理局は
1MDB汚職スキャンダルが浮上したナジブ・ラザクNajib Razak
前首相とロスマ・マンソールRosmah Mansor前首相夫人の
マレーシア出国を禁じたことを明らかにしています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事