タイ最大病院グループのバンコク・ドゥシット・メディカルはウェルネスクリニック立ち上げ【タイ:医療】

By: IvanCC BY 2.0

タイ最大の病院チェーングループであるバンコク・ドゥシット・
メディカルサービスBangkok Dusit Medical Service(BDMS)
は、ウェルネスクリニックを立ち上げると発表しています。
BDMSウェルネスクリニックBDMS Wellness Clinicでは健康的な
ライフスタイルを促進し、グローバルな高齢化社会に対応するため、
幅広いパーソナライズドサービスを提供していきます。

同クリニックは高級ホテルPark Nai Lert Hotelの跡地で、
2016年にBDMS社が土地とホテルを購入し、総合医療サービス
センターとして開発しました。

バンコク・ドゥシット・メディカルサービス(BDMS)は
東南アジア最大級の病院ネットワークの1つで、タイ国内・
海外で45病院を展開しています。
ウェルネスクリニックでは、患者ニーズを満たすため
個人ごとにカスタマイズされた健康プログラムを提供します。

タイの医療業界は年間成長率+8%でおよそ6,000億バーツと
見積もられています。
タイは海外からの観光旅行者、医療ツーリズム、
ヘルスケアサービスの重要な渡航地となっており、
アジアのヘルスケア市場で38%を占めています。

また、タイ国内では高齢化が進み、世界中でも平均寿命が
伸び続けるにつれ、生活の質に重点が置かれるように
なってきました。
世界保健機関(WHO)の統計によると、世界の出生時平均余命は
71.4年まで上昇していますが、大部分の人々は6~10年にわたり
持病を抱えてしまうとしています。

BDMSウェルネスクリニックでは予防医療センターとして
健康で長生きするための診断サービス、再生医療、神経科学、
筋骨格とスポーツ、心臓科学、消化器、歯科などの専門領域を
揃える予定です。