タイの屋外広告看板大手、プランBメディアはアイドルグループのBNK48管理企業へ出資【タイ:広告】

タイの屋外広告看板大手、プランBメディアPlan B Media
(PLANB)社はタイのアイドルグループBNK48と契約し、
国内外で屋外広告事業を推進していくと発表しました。
BNK48を管理するBNK48 Office社の株式35%を1億8200万バーツで
購入します。

BNK48 Office社の大株主は55%を保有する
Jirath Pavaravadhana氏です。
同氏はRose Video Ltd.の副社長を務めていました。
残り10%はアイドルグループAKB48を管理する日本のAKS社が
保有しています、

プランBメディア(PLANB)社とBNK48の関係は2018年3月の
War Elephantプロジェクトから始まりました。
30,000人を越えるイベントとして成功し、プランBメディア社
CEOのPalin Lojanagosin氏も屋外広告、屋外イベントでの
可能性が広がると期待しています。

タイの屋外広告市場は拡大しており総額100億バーツと
されていますが、プランBメディア(PLANB)の市場シェアは
35~40%です。
今後、屋外広告市場はスポーツ、音楽、eスポーツ、漫画などの
コンテンツを利用して消費者や視聴者とのコミュニケーション
チャネルが必要であるとしています。

プランBメディア(PLANB)社のBNK48への投資は、アイドルと
コンテンツ管理を促進することを目的としています。

BNK48はインドネシアJKT48と中国SNH48に続く第3の
国際姉妹グループとして誕生しました。
2018年はTaipei48、Manila48、Mumbai48が予定されています。