タイの工業団地設備企業、WHAユーティリティ&パワーはBBB+の格付け評価【タイ:エネルギー】

格付け会社、フィッチ・レーティングス・タイは、
タイ国内工業団地販売・大型倉庫運営、WHAコーポレーション
(WHA)の子会社であるWHAユーティリティ&パワー(WHAUP)の
上位無担保社債に関してBBB+(トリプルBプラス)の格付けを
発表しています。

WHAユーティリティ&パワー(WHAUP)社は工業団地ユーティリティ・
工業用水供給・発電を手掛け、2017年4月にタイ証券取引所一部市場
(SET)へ新規上場しました。
2017年業績は売上37億400万バーツ、純利益19億8000万バーツでした。

WHAユーティリティ&パワー社は、競争相手企業が限られていること、
締結済み長期契約などのメリットからビジネスリスクは低いと
されています。
工業団地内顧客からの安定した需要も経常収益の基盤となっています。

同社は親会社であるWAH工業団地によって運営されている工業団地
および工場ユーザーに対する唯一の水道サービス提供者です。

フィッチ・レーティングス・タイでは、タイ東部地域における
新しい小規模電力生産者の委託や関税引き上げによる水需要の
増加により、WHAUP社の業績が2018年、2019年に大きく上昇すると
予想しています。