タイの不動産開発会社、スパライは同業のM.K.リアルエステートを買収【タイ:不動産】

タイの不動産開発会社、スパライ(SPALI)は、
同業他社、M.K.リアルエステート・デベロップメント(MK)を
買収すると発表しています。
M.K.社は倉庫、ゴルフ場、ランドバンクを展開する企業で、
スパライ社と競合しない分野での相乗効果があるとしています。

M.K.リアルエステート(MK)はパトムタニ県にある400ライ以上の
敷地でFlora Villeゴルフ&カントリークラブを経営しています。
同ゴルフ場は開業24年目で、1.6億バーツを掛けて2017年に
改装したばかりでした。

また、サムットプラカーン県ではフリーゾーン地区の
Bangkok Free Trade Zoneで11万5000平米の賃貸用倉庫と
工場を経営しています。
2018年内に3万8000平米が追加されます。
同社は多数の利便性の高い未開発不動産・開発不動産を
保有しています。

スパライ(SPALI)社は2018年7月、M.K.社に向け公開買付けの
申請を提出しています。
1株につき4.10バーツの価格で購入する条件で、
スパライ子会社のSupalai Property Management Coを
通じ、公開買付けを行う予定です。

スパライ社(SPALI)は売上、予約済み販売額、純利益および
キャッシュフロー成長を伴い良好な経営状況にあります。
2017年業績は売上257億8900万バーツ、
純利益58億1200万バーツでした。

M.K.リアルエステート(MK)社の2017年業績は
売上32億6400万バーツ、純利益2億3300万バーツでした。
同社筆頭株主はスパライ会長であるPratip Tangmatitham氏で、
11.3%の株式を保有しています。