タイのトランス脂肪酸規制について、乳製品大手は影響少ないとコメント【タイ:食品】

タイ公衆衛生省はトランス脂肪酸を含む食品の生産、輸入、
および卸を禁止する新規制を発表しています。
タイ国内のコンデンスミルク製造業者大手はタイ政府公衆
衛生省が出した新規制に関して、一時的に消費者心理に
影響を及ぼすが同業界には大きい影響はないと分析しています。

タイの乳製品大手、デイリーフーズDaily Foods Co社の
Idthipol Patimavirujh代表取締役は、同社経営幹部は
過去2年間に渡りトランス脂肪酸に関して政府関係者と緊密に
話しており、同省がこの措置を発表したときには驚いていないと
コメントしています。
ただし、これまでトランス脂肪酸を使用していた小規模企業は
影響を受けるだろうとも述べています。

Daily Foods社はPalaceブランドでコンデンスミルクを
販売していて市場の20%を占めています。
タイ国内消費者の信頼を高めるために、トランス脂肪を
使用していない企業が食品包装にその事実を告知・宣伝出来る
ように提案しています。

新規制はトランス脂肪を含む食品の生産、輸入、流通を
禁止しているもので、2018年7月に官報として発表掲載されてから
180日後に効力を発表する予定です。
トランス脂肪酸が心臓のリスクと脳卒中の要因、2型糖尿病を
発症するリスクと関連しているため、同成分を含むケーキ、パイ、
クッキー、マーガリン、クラッカーなどの業界へ通達しています。

Palaceブランドの売上高は2017年16億バーツで、
2016年から30%増加しました。
2018年の予測は前年比20%増の20.8億バーツになると
予測しています。

ライバル社であるタイ・デイリー・インダストリー
The Thai Dairy Industry Coは、コンデンスミルクブランドで
Maliを販売しています。
タイ国内では健康上の懸念がある添加物を避ける傾向が
強まっており、消費者も行動を変えているとコメントしています。

同社は無脂肪のチューブ濃縮乳を発売しました。
2018年はMali濃縮乳の販売促進に8000万~1億バーツを投じる
計画です。
同社はMaliの売上がホテル・レストラン市場中心に2017年の
33億バーツから増加し、43億バーツに達すると予測しています。

タイのコンデンスミルク市場は2018年8~10億バーツの規模が
あります。
その中でも甘い加糖コンデンスミルクが80%を占め、
残りが無糖です。