タイの総選挙は2019年2月24日に実施予定【タイ:政治&事件】

By: EricCC BY 2.0

2018年8月、タイ軍事政権のプラユット暫定首相はタイ国内記者団に
対し、民政移管に向けた総選挙について2019年2月24日に実施する
予定があるとコメントをしています。
しかし一方で、もしできなければ改めて協議するとも
コメントしました。

2014年クーデター当初は1年後を目標に総選挙実施を
発表していましたが、これまでに何度も先送りを繰り返しています。
今回の発表でも暫定的な日程を2019年2月24日とする考えを
示しましたが、さらに延期される可能性も残されています。

2018年6月にはワチラロンコン新国王の戴冠式を総選挙前に
執り行うと言及しており、王室の行事が重視されるタイでは
新国王戴冠式には相応の準備期間が必要とみられ、選挙日程に響く
可能性が大きいとも言われています。

ウィサヌ副首相は記者団に対し、選挙は2019年2月24日以降に
行うことが可能であるが、最も遅い時期として2019年5月5日と
述べています。

また、タイ国内の各政党が選挙準備をできるよう、
2018年9月~12月の間で政党の政治活動禁止措置を緩和すると
明らかにしています。