Market Research Nestによる世界の植物油市場レポート【東南アジア:植物油】

Market Research Nest(MRN)では世界の植物油市場に関する
レポートを発行しています。
同レポートでは105ページに渡り、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、
中南米、中東、アフリカの主要地域における植物油市場調査を
実施しました。

植物油は、植物の種子、実、果実から抽出される天然の油で、
主に食品として利用されたり、家庭用製品から化粧品材料など
幅広い産業で工業原料として利用されます。
また、動物性脂肪が宗教的な理由で避けられる場合の
代替品としても使用されています。

食用油としてはピーナッツオイル、なたね油、大豆油などの種子油が
60%を占めています。
最も健康的な油と言われるオリーブオイルも使用量が増えています。
2017年には世界の植物油市場規模は20億USドルとされています。

植物油の食品以外の用途としては、昔から石鹸、洗剤、グリース、
潤滑剤およびシャンプー、ろうそくなどで多く利用されてきました。

植物油市場の大手企業として、Archer Daniels Midland、
Bunge North America、Richardson Oilseed、Carapelli Firenze、
Cargill、ConAgra Foods、COFCO、Deoleo、Dow AgroSciences、
E.I. Du Pont De Nemours、Golden Agri-Resources、J-Oirumiruzu、
IOI、Kuala Lumpur Kepong、Lam Soon、Marico、
Oilseeds International、PT Astra Agro Lestari、Sime Darby Sdn、
United Plantations、Wilmar International等が挙げられています。