化粧品小売店のビューティ・コミュニティは株価がやや上昇【タイ:サービス、美容品】

タイの美容関連製品・化粧品小売店、ビューティー・ビュッフェを
展開するビューティ・コミュニティ(BEAUTY)社は、2018年7月に
入ってから製品に関して投資家の信頼を失い、株価が30%
下落していましたが、2018年上半期の業績が
売上17億6200万バーツ、純利益5億3800万バーツと好調だったことを
受け、ほぼ2ヶ月ぶりに株価が11.20バーツまで上昇しています
(約+6%)。

ビューティ・コミュニティ(BEAUTY)社は今後、国際展開していく
方針です。
シンガポールでは代理店販売契約を結び、マレーシアでは
パークソンデパート内に店舗オープンを予定しています。
さらにフィリピン、やミャンマーでも展開していく予定です。

タイ国内競合他社としてはカーマート(KAMART)社があります。
同社は2年前の株価ピーク12バーツから、4.32バーツまで
下落しています。
2018年上半期業績は売上7億3700万バーツ、
純利益1億1300万バーツでした。

O.C.C.(OCC)社もタイで国際ブランドの化粧品などを販売しています。
2017年業績は売上13億5900万バーツ、純利益6300万バーツ、
2018年上半期業績は売上8億800万バーツ、純利益1億5300万バーツでした。