マレーシアの製紙大手、NTPMホールディングスは引き続き純利益が減少【マレーシア:消費材】

マレーシアの製紙大手企業、NTPMホールディングス
(5066:NTPM)の2019年第1四半期業績では、5月~7月の
製紙に関する原材料費増加により純利益が減少し、
前年度の第1四半期1212万リンギから45.7%減の
658万リンギに減少しました。

2019年第1四半期売上は、主にマレーシア国内での
ティッシュ・パーソナルケア製品売上が減少したことから
前年同期比2.1%減の1億7240万リンギでした。

同社2018年業績は売上6億9000万リンギ、
純利益2970万リンギでした。
2017年業績は売上6億4520万リンギ、
純利益4986万リンギでした。

NTPMホールディングスでは2019年4月30日に終了する
2019年度のマレーシア国内市場環境がより厳しいものに
なると見込んでいます。

同社は製紙・ティッシュ、トイレットペーパー、
ウェットティッシュなどを製造するマレーシア国内大手
企業です。
主なブランドではティッシュ部門でPREMIER、LoyalGold、
Cutie、Soft Baby Wipe、Sanitizing Wipe等、
パーソナルケア部門ではIntimate、DIAPEX、
Premier Cotton等があります。