PET樹脂生産大手、インドラマ・ベンチャーは3買収案件を年内締結予定【タイ:石油化学】

PET樹脂生産、ポリエステルとプラスチック包装材の
大手メーカーであるインドラマ・ベンチャー(IVL)は、
2018年内に完了予定としている3つの買収案件総額が
10億USドル(325億バーツ)を越えないと分析しています。

同社は内部フリーキャッシュフローが十分であるため
(約10億USドル相当)、買収のためにさらなる資金調達を
する必要はないとしています。

同社は積極的なM&A戦略を仕掛けて世界有数の石油化学・
PET樹脂材料メーカーへ成長しています。
3つの買収案件は、エジプトのMedco Plast社
(パッケージング・システムSAE)、チェコの
Kordarna Plus社(タイヤメーカー)、アメリカのDuPont Teijin
Films社(ポリエチレンナフタレートフィルム)です。

これらの買収取引による売上計上は2019年に予定されていて、
インドラマ・ベンチャー(IVL)社の2019年EBITDA目標
17億バーツを越える見通しです。
今後3年間のEBITDAは毎年平均+12%の伸び率になると
しています。

同社の2017年業績は売上2910億バーツ、
純利益209億バーツでした。
過去10年間の平均EBITDA成長率は+14%でした。

2018年第3四半期には原油価格高騰により、PET製品、
PTA製品、パラキシレンの製品価格が上半期よりも20%
上昇する見通しです。