アライアンス・グローバル・グループ傘下のゴールデン・アーチズ・デベロップメント、企業解説

フィリピンの上場企業で複合企業セクターに上場する
アライアンス・グローバル・グループ(AGI)は、
1993年に設立され1999年にフィリピン証券取引所(PSE)に
上場しました。
同社は1994年にガラス製容器製造企業として
スタートしました。

2018年時点では食品および飲料・消費材事業、不動産開発、
不動産賃貸、ホテル事業および観光リゾート事業、
観光娯楽およびゲーム事業、レストラン事業などを
展開しています。

2013年から2017年にかけてはスペイン、イギリス、メキシコ
などの企業買収に成功しています。
グループ子会社には以下のような企業があります。
エンペラドール(EMP):酒造
メガワールド・コーポレーション(MEGA):建設
トラベラーズ・インターナショナルホテル(RWM):カジノ
ゴールデン・アーチズ・デベロップメント(未上場):マクドナルド 
ゴールデン・アーチズ・デベロップメント(未上場)社は
フィリピン国内のマクドナルド独占フランチャイズ経営権を
持っています。
2019年は投資額を1.5倍に拡大して店舗数の増加を目指します。

既に同社では200店舗を越えるフランチャイズ店舗があり、
直営と合わせると400店舗以上のマクドナルドチェーンを
展開しています。
店舗数も2016年末から46店増え、2017年末で566店と
なっています。

アライアンス・グローバル・グループ(AGI)の2017年業績は
売上1385億8100万ペソ、純利益149億3100万ペソでした。