フィリピンの第2都市、セブの経済概要に関して【フィリピン:経済】

セブ島はフィリピン中部のビサヤ諸島にあり、南北に225km伸びる
細長く大きな島です。
面積は4422平方km、周囲はマクタン島、バンタヤン島、マラパスカ島、
オランゴ島などの小さな島々に囲まれています。

全島とその属島を含めたのがセブ州で、島の東海岸中央部の州都、
セブ(人口約72万)、マンダウエ市をはじめ6つの市があり、
マニラ首都圏メトロ・マニラに次ぐ大都市圏メトロ・セブを
形成しています。
セブ島の人口は約300万人、セブ州のほとんどの人はセブアノ語
(ビサヤ諸島の共通言語)を話します。

セブは1521年マゼラン上陸以降スペイン統治が始まるとともに、
フィリピンを世界史の表舞台へと導くきっかけとなった地域です。
特にセブ市は最初にスペインによる植民地化がされた都市で、
その名残である建造物や史跡が随所に残っています。

セブ島の経済は観光リゾート、英語留学、家具製造業、
情報通信・ソフトウェア、コールセンターなどがメイン産業と
なっています。
セブ市は特に情報通信分野での成長を目指し、東南アジアの
ソフトウェア・電子サービスのハブとなる政策を行っています。