BDOユニバンク(BDO)、主要株主は複合財閥、SMインベストメンツ【フィリピン:金融】

BDOユニバンク(バンコ・デ・オロ・ユニバンク)(BDO)は、
フィリピンを拠点とするフルバンキングサービスを提供する
大手銀行です。
主要株主は複合財閥のSMインベストメンツです。

預金業務のほか、融資、手形割引、貿易金融、外国為替取引、
証券取引、信託・投資、資金管理、投資銀行業務、保険商品
などのサービスを提供しています。
フィリピン国内支店数1,128店舗、海外拠点は27箇所
展開しています。
2017年末時点の総資産は2兆6688億ペソ、
純利益280億7000万ペソでした。

傘下のワン・ネットワーク・バンクを介した消費者金融や
マイクロクレジット事業を推進しつつ、企業融資事業の
拡大にも注力しています。
香港での事業拡大をはじめアジア、欧州、北米、中東にも
拠点を開設するなど海外事業も拡大していて、
野村ホールディングスとの業務提携も実現させています。

フィリピンの金融大手としては、メトロポリタン銀行(MBT)
(メトロポリタンバンク&トラスト)があります。
銀行業務、預金、ローン、貿易金融、国内外の送金、
金融関連商品やサービス、債券、外国為替、貿易、送金、
信託業務などを手掛けています。
同行およびその子会社はリース、不動産、株式売買なども
手掛け、1,000以上のローカルおよび国際支店、
事業所や代理店のネットワークを有しています。

また、フィリピン・アイランズ銀行(BPI)
(バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ)も
フィリピン大手商業銀行の一つです。
預金、貸出、貸付、投資、コーポレート・ファイナンスなどを
手掛けています。