フィリピンの酒類メーカー、エンペラドールがルイロワイエの売却入札への買収条件を提示

フィリピンの酒類メーカー、エンペラドールEmperador
(EMP)はサントリーホールディングス傘下のコニャックメーカー、
ルイロワイエの売却入札への買収条件を提示したと発表しました。

同社はフィリピン最大のブランデー大手企業で、
2014年度の業績は売上で320億940万ペソ、
純利益では62億400万ペソとなっています。
ブランデーの製造、ボトリング、販売などをフィリピン国内を
中心としてEmperador Deluxe Spanish Edition,
Emperador Brandy, Generoso Brandy,Emperador Light
などのブランド名で展開しています。
その他ウォッカ、ジン、テキーラなどをThe BaRブランドで
食品・スナック菓子ではPik-Nikなどを展開します。

同社はアリアンス・グローバルAlliance Globalグループの
傘下になります。
また、エンペラドール社は2014年にインド酒造大手の
ユナイテッド・スピリッツからスコッチウイスキーの
「ホワイト&マッカイWhyte & Mackay」を4.3億ポンド=7億ドル
で買収を成功しています。