2017年末のタイ生命保険市場はおよそ5900億バーツ【タイ:金融】

2017年末のタイ生命保険市場の正味収入保険料は
前年比5.5%増の5,914億バーツと、前年の同7.0%増を
下回りました。
3年連続で一桁台の伸びに止まっています。

タイ生保市場は2014年頃まで概ね二桁成長を続けてきましたが、
直近3年間は収入保険料が伸び悩んでいます。

2017年のタイの保険密度(国民1人当たり生命保険料)は
237ドル、生命保険浸透度(対GDP比生命保険料)は
3.6%であり、日本や韓国、台湾、香港、シンガポールと
いった先進4カ国と比べると依然として低水準となっています。

新規契約保険料の上位7社は、1位がカシコーン銀行系の
ムアンタイライフ社で311億バーツでしたが、
前年比8.1%減と落ち込みました。

2位:AIA life insurance 259億バーツ(5.8%増)、
3位:タイ生命保険 231億バーツ(1.3%減)
4位:クルンタイ銀行系Krungthai AXA Life 185億バーツ
(23.6%増)
5位:バンコク銀行系Bangkok Life 119億バーツ(7.1%増)
6位:プルデンシャルライフ 91億バーツ(17.9%増)
7位:サイアム商業銀行系SCB Life 83億バーツ(31.8%減)